ホーム > 介護老人保健施設「フェニックス長田キュアセンター」

介護老人保健施設 フェニックス長田キュアセンター:医療法人社団 一功


フェニックス長田キュアセンター施設長

現在、戦争がなくなり世界平和と文明の進展、医療の進歩などにより平均寿命が延び、高齢化社会を呈して来ています。高齢となると独立・自律生活が困難となり、他者の手助けが必要となります。家庭では老若者との合同生活が難しくなり、介護施設入所の必要が増えてきています。高齢に伴い、病気に罹患せずとも、身体の動き不全が出現し、本人は勿論、周囲の家族の世話も大変となります。また万が一、脳梗塞、認知症出現などの病気を発生した場合には、介護を施す施設においてリハビリを行い、孤独を避ける他者との接触や会話をすすめ、素早く対処出来るよう配慮し得る環境が出来て来ました。フェニックス長田キュアセンターもそのうちの一つで、神戸市長田区の北部、高取山の麓にあるリハビリを主とした介護老人保健施設です。ユニット型個室で入所者同士、昼間交流できるスペースを各階に設けています。当施設で対応困難な場合には、近隣の医療施設の協力をお願い出来るよう、対処しており当施設職員が一致団結して、入所された方々の支援を行うよう配慮しています。リハビリについては、経験豊富なリハビリ専門職員がついて行っています。
入所のご希望がありましたら、いつでも連絡頂ければ対応させて頂きますので宜しくお願いします。

フェニックス長田キュアセンター施設長
障害福祉サービス事業所 所長
山下 修一

 

フェニックス長田キュアセンター 看護部師長

わたし達看護部は、利用者様が穏やかに生活できる快適な環境作り、安心して過ごしていただけるよう看護、支援していきたいと思っています。 また、各専門分野との情報の共有、連携を行い喜んでいただける施設をと考えております。

フェニックス長田キュアセンター
看護部師長 真鳥 千枝子

 

フェニックス長田キュアセンター 介護支援専門員

私達ケアマネジャーは、利用者様お一人お一人が施設において、より充実した生活を送っていただけるよう身体状況に応じたケアプランを作成し、生活の質の向上を目的に支援させていただきます。また、利用者様・ご家族に寄り添い、ご希望に応じたサービス提供が行えるように、施設の各専門職との連携を図れる橋渡し役が出来るよう精一杯に努めて参りたいと考えています。

フェニックス長田キュアセンター
介護支援専門員 小泉 啓子 藤原 直子

 

■通所リハビリテーション(デイケア)

フェニックス長田キュアセンター デイケア

デイケアでは、リハビリや入浴はもちろんのこと、残存機能を生かしたレクリエーションを行う事により、喜びや自信を取り戻していただけるような介助を目指しております。
また、退院後のADLの低下に伴い、身体機能の維持・回復のための短期集中リハも行っております。 ご利用者1人1人がその人らしく、生きがいを持ってご自宅で安心した生活を送れるようスタッフ一同支援してまいります。

フェニックス長田キュアセンター
デイケア 大江 恵

 

名称 介護老人保健施設/障害福祉サービス
フェニックス長田キュアセンター
所在地 〒653-0861 神戸市長田区林山町4-22
TEL 078-631-1777
FAX 078-631-1778
Email nagata@phoenix.dr-clinic.jp
施設長 山下 修一
定員 入所−100床  通所−30名
居室 全室個室―100室
グループ単位でのユニットケア方式(計10ユニット)
障害福祉サービス TEL:078-631-3939
FAX:078-631-3938

 

■玄関ホール

玄関ホール

 

■個室

床室

 

■足湯

足湯

 

■ユニット(食堂・談話スペース)

ユニット(食堂・談話スペース)

 

■ユニット(食堂・談話スペース)

ユニット(食堂・談話スペース)

 

■ユニット(食堂・談話スペース)

ユニット(食堂・談話スペース)

 

■浴室

浴室

 

■機能訓練室

浴室